人生のくずかご

人生の雑記録

つまらない毎日に意味を見いだしていく

こころ検定4級と3級の対策、受けた結果について

こころ検定4級と3級を受けてきました。

2017年から始まった、心理学の分野についての検定です。

心理学の道は全然目指してないですが、興味のある内容だったので試しにやってみようということで受験。

テキストだけよりも、試験という目標があるほうがモチベーションにもなりますしね。

試験の形式

CBT試験。要はパソコン上で受ける形式のものです。

受験予約メールに記載のサイトにログインし、受験会場や日時を選択。全国にあるので近くの場所を選べます。

 

問題はすべて4択。内容は個人によって違います。

ほとんどが「正しいものをえらべ」、「正しくないものをえらべ」、「適切なものをえらべ」、「適切でないものをえらべ」という問い方でしたね。

1問だけ文章の穴埋め形式がありました。

 

問題は20問。7割で合格のため、14問正解すればいいです。

 

対策

対策というほどの対策は特に必要ないという印象です。難易度も高くありません。

とりあえず感じた点について

 

  • 内容的に公式テキストは必須。

  • テキスト内の特に重要な単語は赤字になっている。その単語の意味と、どの分野の単語かをしっかり理解しておくこと。

  • 太い黒字の部分やイラスト付きで解説されてる部分も重要。

  • 「正しい」選択肢を選ぶのか、「正しくない」選択肢を選ぶのかに注意する。

  • パソコンの操作ミスがないように。

 

専門用語も多々ありますが、一般常識でもある程度答えはしぼれます。

20問しかないですが、その分1問の重要度が増します。あいまいな部分がないようにしたほうがいいです。

僕は特に記憶力がいいわけでもないので、とにかく繰り返し読みました。

ひたすら繰り返し。わからない部分は特に。

勉強の基本は反復学習ですね。

 

結果

試験結果については、当日試験が終わり次第即、パソコン画面に表示されます。

紙に印刷して持ち帰ることも出来ました。合格証は後日郵送とのこと。

こんな感じでした。

 

総合評価→合格基準に達しております。さらに上の検定級を目指してみましょう。

総合スコア:90点

 

両方とも同じ点数。グラフと各分野の正答率も表示されます。

4級のほうは、1問は2択まで絞れたものの間違い。もう1問はあいまいな部分をつかれてしまいました。

3級は6問ほど自信なかったですが、無事合格。

何だか久々に勉強した感じですね。内容的にも面白く学ぶことができました。