人生のくずかご

人生の雑記録

つまらない毎日に意味を見いだしていく

田舎を散歩

最近外に出ていないなと思ったときには、家の周辺を散歩してみたりする。

基本的には生活必需品を買ったりする以外家にこもっているタイプの人間で、とりたてて用がないならこもりっ放しとなってしまう。

それもどうかと思うので、たまには運動もかねて日光でも浴びようかという、そんな気持ちもあってのことだ。

 

場所は田舎である。

人によっては「ど」田舎と呼ばれてしまいそうな、周囲を見渡せば民家に田んぼや畑が広がるばかりの、ありふれた場所だ。

 

ここは都市部で耳にする雑多な音とは無縁で、聞こえてくるのは鳥のさえずりや風の音、農業水路を流れる水音といった、自然音ばかり。

歩いていると、ときおり家々からの生活音や遠くを走る自動車の走行音を耳にする。

 

こんなところであるから、休日の真昼間に散歩しようとも誰にも会わないのだ。

とにかく人影もないし、たまにすれ違うのは車だけで、ちょっとわき道にそれたりすれば車ですら通ることもない。

 

それもそうだろうなと思う。

そもそも人口が少なく高齢化の一途をたどっているところだし、歩いていけるような場所がそこかしこにあるわけでもないのだから。

近場に大きなスーパーもないし、遊び場もない。

移動手段はほぼ車で、歩きの用事といえば、ご近所さんの家にいくぐらいのもの。

 

あまりにも穏やかで静かだと、自分以外の人は本当にいるんだろうか、全員いなくなっているんじゃないかと錯覚してしまうような、都会の喧騒とはかけ離れている感じ。

ひとりが好きな僕にはありがたいが、将来どうなることやらと思わずにはいられない。

 

若い人が出ていくのもよくわかる。

刺激を求める人にとって田舎暮らしは都会とはまるで対極であり、合わない人はまったく合わないかもしれない。

僕も都会暮らしが恋しくなるときもあるが、欠点はあっても田舎暮らしも実際そんなに悪いものでもない。  

個人的に散歩の好きな点は、日光浴ができるというところ。

今の生活のルーティンだと1日中ずっと屋内にいるから、意識して外に出ないと太陽の光を浴びないままだ。

真冬や真夏のような極端な時期でなければ、気持ちよく日光浴することができる。

セロトニンという有能な物質も作り出してくれるらしい。ストレスや無気力、うつや不眠にも関係してくるんだとか。

 

もうひとつ感じるメリットは、何も考えないぼーっとした時間を持てること。

今の生活の中で何もやらない時間をまとまってとるということはなかなかない。

 

家でごろごろしていたとしても、実際には寝転がりながらネットしたり、何となくテレビを見ていたりと何かしらの情報を脳に入れ続けていることも多い。

そうなると気づかない間に脳は結構疲れてしまうもの。

そういうもろもろの情報をいったんシャットアウトする時間を作れるのがいいと思う。

 

なにせ歩く以外のことは何もやらないのだ。

ただ風景を見て、とりとめもない考えが浮かんだり消えたりするままに歩き続け、ぼーっとするだけ。

1時間ほどの散歩でちょっとした気分転換になる。

 

それほどいろんなルートがあるわけでもないし、見慣れた景色ばっかりなので目新しさには乏しいという欠点もあるにはあるが、それでも都会では手に入らない静けさがあるのは何よりだと思う。